あなたの辞書と本、捨てます

Pocket

捨てられなかったあなたの辞書と本、捨てることにしました

辞書と本を捨てます

辞書と本を捨てます

[br num="1"]

どうしても捨てられなかった、[br num="1"]
あなたが使い、
手垢と手ずれと
そして、29年の間にいつのまにか埃で焼けた辞書や本を
、[br num="1"][br num="1"]

捨てようと思います。[br num="1"]

思い出の品々とともに、わたしも老いました

わたしも、あなたの思い出の品々とともに時を経て、老いました。
[br num="1"][br num="1"]
限りある命の、なにが起きるか、はかり知れない、
明日について踏み込んでかんがえなければならないと、

思う気もちはずいぶんまえからあったのに、
[br num="1"][br num="1"]
日々のできごとや、こころの動きに流されて、
向きあえませんでした。
[br num="1"][br num="1"]

粗末な本棚から、
一冊一冊取り出すときの指先の痛みと息苦しさに耐えるために、
[br num="1"]
大きく息を吸い込んで、
頭を真空にするつもりです。

[br num="1"][br num="1"]

あの瞬間があったから

辞書を繰り、探し当てたページを見つめる、うつむいたあなたの面差しが、
まるで、ついさっきみたことのように、ありありと脳裏に浮かびます。
[br num="1"]
顔をあげ、わたしと視線が合ったときのあなたの目にうかんだ、
くつろいで安心しきった温かい色。
[br num="1"]
なんという幸せなひとときだったのでしょう。

[br num="1"][br num="1"]

あの瞬間があったから、
脆く、くじけやすいわたしが、
[br num="1"]
人並みよりはすこし多かった苦難の道を歩いてこられたのでした。
[br num="1"][br num="1"]

この週末、
捨てるための袋を用意して、
わたしは粗末な本棚の前に立ちます。
[br num="1"]
思い出は、捨てようもなく残るのがたしかな慰めになると信じて。
[br num="1"][br num="1"]
               一間ひふみ
[br num="1"][br num="1"]