公園|雀のお宿
Pocket



シルエットの雀
シルエット雀

近くの児童公園の5,6メートルくらいの高さの樹木に、

夕方になると、
もどってきた雀たちが、びっしり鈴なりになります。


2月のいま樹木には、

こげ茶色に枯れちぢれた葉が、
何枚か細い枝にしがみついているだけで、裸です。

その裸の枝を埋めるように雀たちが並んでいます



葉がないので隠れるところもなく、

見上げるわたしの目に、
夕暮れの空を背景に、
雀らのちいさな姿は一羽いちわ黒いシルエットに見えます



いっせいに、
自分のその日のできごとをしゃべりたてているような騒がしさで、
夏の蝉しぐれを思いだします。


雀には毎日帰る巣があると…

おとなになってン十年のキャリアのわたしですが、
数年前まで、
雀には、

童謡にあるように、
毎日帰るお宿、というか、
個人住宅(ねぐら)の「巣」がある
のだとおもっていました。



でもあるとき、
ラジオで鳥類学者が、

雀が巣を作るのは、子育ての時だけ。
それ以外は、樹木の枝に群れて眠る



と話しているのを聴き、おどろきました。
(ウソッ。雨の日や風の強い日はどうするのッ!?)



わたしの疑問に答えるように、
学者はつづけました。


「かれらは、身を寄せ合って体温を保ったり、
風や雨をしのぐ」のだと



群れて寝るのには、ほかにもメリットがあって、



ことばはもたない雀だけど、
(おや、こいつ、お腹がいっぱいの顔してるじゃん)
と見て取ることはできるので、
翌朝、後についていき、自分も餌にありつく

ということもあるのだそうです。



学者の話を聴いて、


ときどき見かけ、それまで(いったい、なんなんだろう?!)
とふしぎに思っていた、
騒がしく雀が鈴なりの樹の謎が、解けました。





う~、サブッ。つかい捨てカイロ欲しッ。  春、早くきてくれッ










エメラルドグリーンの衝立でカプセルホテルもどきに

寒い寒いと思ってた2月も、もうじき終わりです。

3月になれば春。


木々が芽吹き、

小さな点だった葉はグングン大きくなりはじめ、
やがて、
一枚いちまい、エメラルドグリーンの明るい衝立になって、
雀らの姿を隠します。


丸見えだったおとなりとの間に境もできて、
ベンチにみたいだった枝は、
カプセルホテルもどきになります。



季節が変わって葉を広げたり落としたりするけれど、
樹が、黙って雀らの宿になり、立ち続けるのは同じです。


●短歌

[細き枝を無数に伸ばし
かしましきすずめらささえ樹はもだしいる]

[その枝の先まで秘めし
萌えいずる若みどりゆえ床しはだか樹〕



ひとま・東京



・スポンサー