いじめ|塾はやめなかった Yクンの選択

Pocket

塾講師

塾に避難 byいらすとや

[br num="1"][br num="1"]
ずっと、「塾」は、成績を上げるために行く場所だとおもってた。

[br num="1"]

テストで良い点数をあげるためのテクニックや、勉強の仕方を指導してくれる場所、だとしか考えていなかった。
[br num="1"]

でも最近、知人から聞いたはなしで、
塾は、それだけの機能じゃないってことを知った。
[br num="1"][br num="1"]

順調に生きてきたYクンは・・・

Yクンは、
学校での成績優秀、
運動神経バツグン、おまけに容姿端麗で、友達が多い、
[br num="1"]
という男の子だった。
[br num="1"][br num="1"]

欠点のないのが問題かも、というような子どもだ。
[br num="1"][br num="1"]

当然というべきか、

そんな彼を妬み、疎ましく思った数人の陰湿ないじめが起きた。
[br num="1"][br num="1"]
これまでなにもかも順調に生きてきた
Yクンは、
こんなとき、弱かった。

[br num="1"]

初めての試練にたちまち屈し、
Yくんはウツになり、
学校へ行けなくなった。
[br num="1"]
勉強も手につかず、家に引きこもった。
[br num="1"][br num="1"]
でも、
いじめが始まる前から通っていた塾だけは、やめずに通い続けていた。
[br num="1"][br num="1"][br num="1"]

勉強はどこでもできる

あるとき、Yクンの事情を知った塾の講師がYクンにいった。
[br num="1"][br num="1"]

勉強は、学校だけでするものじゃないよ。

紙と鉛筆、教科書があれば、
どこでもできるんだ

[br num="1"]
塾の居心地が良いなら、
塾だけに来ればいい。
[br num="1"]
塾で何をどんなふうにやるかは、
きみが決めればいい。
[br num="1"]
学校や友だちのために、きみが苦しむことはないさ。
[br num="1"]
Yクンは込み上げる気持ちを押さえきれなくて泣いた。
[br num="1"][br num="1"]
そして現実を受け止め、ひと回り強くなって、学校へ行きはじめた。
[br num="1"]
いじめは、もうなかった。
[br num="1"][br num="1"]

金もうけが目的の塾も、残念ながら多いけれど

すべての塾に、

こんな考えかたの指導者がいるかどうかは疑わしい。
[br num="1"][br num="1"]

金もうけが目的の塾も、残念ながら多いのが現実だろう。
[br num="1"]

でも、塾は、
もし指導者が良ければ、

子どもたちの心や命や未来を守る、
一時避難場所・拠り所・進路コンパスにもなりうる、とはいえるようだ。

[br num="1"][br num="1"]
たんまる・東京