友達|名前を削除した

Pocket

[br num="1"]

親友は保険を

保険の勧誘でカフェに

[br num="1"]

中学時代からの親友にお茶に誘われた。

[br num="1"]

彼女が結婚してから、
あまり遊ぶ機会がなかったし、

出産してからはほとんど会えなくなっていたけど、
親友だと思ってた。
[br num="1"]
だから、

誘われてとても嬉しかった。
[br num="1"][br num="1"]
待ち合わせ場所のカフェに行くと、

彼女は胸にどこかの会社のバッジを付けていて、
久しぶりのあいさつもそこそこに、

大きなカバンから資料を取りだし、
保険の説明をはじめた。
[br num="1"]
「ちょっと待って。
私遊ぶつもりで来たんだけど」

そういいだせないまま、
1時間ほど。[br num="1"]
彼女の独壇場だった。
[br num="1"]
一生懸命しゃべっている彼女のことばは、
なんにも頭に入ってこなかった。

[br num="1"]
話が済んだら、

「あ、こんな時間!
ごめん。約束があるんだ。

とにかく考えてみて。
いちばんいいプラン作ってあげるから」
[br num="1"][br num="1"]
もうすこし居たいからと、
席に着いたまま見送った。
[br num="1"]
私、何しに来たんだろう……

もう彼女にとって私は親友じゃないんだなあと気づいて、
短いメールを送った。
[br num="1"][br num="1"]
アドレス帳から彼女の名前を削除した。[br num="1"][br num="1"][br num="1"]
nonno・東京
[br num="1"][br num="1"][br num="1"]