認知症|治せる薬、早くできてほしい
Pocket

介護、椅子
おばあちゃんの椅子

おばあちゃんが認知症になりました。

家族ではめんどうみきれなくて、
施設に入所してもらうことになりました。


施設にあずけるなんて、悲しい気もしたけど、

知り合いもたくさんいる施設に入れたので、
おばあちゃんは、けっこう嬉しそうだ。


まだ認知症の進行ぐあいも浅いし、
お泊り楽しいくらいに思っているのかな。

ときどきは、家に外泊しにきます



施設に洗濯ものとか、
必要なものを届けに行ってびっくりした。



車いすで、だまーーって座っている人が、
ずいぶんたくさんいた。




ぼくのおばあちゃんは、車いすじゃない。



おばあちゃんを、トイレに連れていってあげたり、
ご飯を食べさせてあげたり、



喜ぶように一生懸命笑わせたりした。


ぼくも認知症になるのかな、と、
不安になります。


孫だし、遺伝してるかもしれない。



年取って、おばあちゃんみたいになったら…
って、考えちゃう。




手つだうほうも手つだわれるほうも、
大変だなーって思う。


ほんとは、
年とっても、認知症になりたくない。




でも、50年以上先だから、
そのころには、治せる薬ができてるとおもうけど。



だけど、おばあちゃんのためには、
いますぐ必要だ。



治せる薬、早くできてほしい。



           ばあちゃんのD‣10代・千葉県