Pocket

ひとり暮らし
犯罪者だったら! by biranger.jp


外出して食事もしてきたので、


お風呂から上がって部屋着
(首周りがゆるんで色あせたパジャマ)でくつろいでいたら、
ピンポ~ンと玄関のチャイムが鳴った。

「は~い」

てっきり、
そろそろ届くはずの荷物が届いたのかと、ドアを開けたら、



きちんとスーツを着た3人の女性が、
(わたしたちは、けっして怪しいものではありません)
というオーラをたたえて立っていた。



11月も終わりの夜7時前、
日はとっくに落ちて、


真っ暗な古いアパートの通路は蛍光灯の光に照らされて、
気温以上に寒々と見える。




そこに、中年ふたりに20代の女性トリオが、
それぞれ誠実さを懸命にアピールした目を、
私に向けて立っているのだ。



40代。
才能もないのに、
男中心のビジネス社会で女一人生きてきた私。



人生の辛酸を否応なく垣間見てきた身で、
同性の懸命な話をむげにさえぎるのはむずかしかった。



結局、はなしの内容は(予想どおり)
彼女らの所属する宗教団体が、
いかに素晴らしいかということだった。



なんとか話を切り上げてもらい、
ドアを閉めたとき、
お風呂でこころよく温まった体はすっかり冷え切って、

見ていたテレビドラマは半分くらい終わっていた。



人の事情を顧慮しない女性トリオに、

それ以上に、
いま忙しいと、
きっぱり断らなかった自分に腹がたった。


ギョッとしたのは、
電気を消し、
布団に入って枕に頭を預けたときだった。


もしも・・・。


ドアを開けたとき立っていた夜の訪問者が、

あの、迷惑だが無害な女トリオじゃなく、


女の一人暮らしを狙った変態や犯罪者だったら・・・




悲鳴を上げるひまもなく口をふさがれたら、
抵抗のしようもなく殺されることだってあるのは
ニュースでよく見聞きする。


いったんドアを開けちゃったら、
危険は防げない・・・。




これからは、
ドアは、やたらに開けないようにしようと、
こころに決めて目を閉じた。



ともこ・40代・埼玉県