Pocket

あなたもご投稿しませんか?

添付ファイル




あなたの かけがえのない「自分という時間」のひとつのシーン、
「思い出」になる一こまを、書いてみませんか?


「永遠に」はむりですが、
「自分という時間 思い出コンテナ」が在るかぎり、保存をお約束します。
もちろん、掲載・保存料金は不要です。


もしかしたら、あなたの「思い出」が、
(だれかに相談するのはちょっと・・・。
だけど、体験者のはなしを聞けたらな)
と、思い悩んでいるだれかが、
ああ、こんなふうにするのもありなのかと、参考にするかもしれません。

また、あなたのご投稿を読んでほっこりすることも。

*ただし、以下のようなばあい、掲載できないこともあります。
 
 ・実個人名を挙げての誹謗中傷
 ・宣伝だけが目的の内容
 ・内容に不要な性的・暴力的な描写
 ・意味不明の内容
 ・その他、運営するらいくゆう責任者が不適切と判断した場合

*ご投稿者の意図がつたわりいくいときは、つたわりやすくさせていただくことがあります。ご了承ください。


制約うるそうて、すまんな

ご投稿一覧









流星のように光って消えていく「自分という時間」

過去・現在・未来にわたり、
全世界にどれだけおびただしい数の、無数の「人」が生まれ、去っていくにしても、

あなた自身の「自分」という存在、「自分という時間」は、
たったひとつ
です。

ぜったいに、同じ存在はありません。

一人ひとりの「自分という時間」は、
母親の胎内を通ってあらわれ、
たいていは肉体と精神の成長・充実・老化を経て、

やがて、かならず消えます。

消える日が、

早いか遅いか、
幼児期・若年期・老年期か、

ちがいはあっても、かならずやってきます。

王様も金持ちも貧乏人も乞食も学者も、
大統領も独裁者も賢人も愚者も成功者も失敗した人も、

背の高い人も低い人も、
美形に生まれた人も、いまいちの人や、なんでこんな姿にと悩む人も、

たった今生まれた赤ちゃんも、1万年後に生まれた人も。

み~んな同じ、終わりがきます。

あらゆる事象が不公平なこの世界で、
なんという公平さ
でしょうか。

だからこそかけがえなく貴重な、ひとつきりの「自分という時間」、
引き留めようもなく刻々と去っていく「自分という時間」、

あなたの「自分という時間」のひとひらを

「思い出」として書き残してみませんか?



ご投稿一覧